新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが、新潟でロードバイクを楽しむためのコース・スポットを紹介します(主に県外の人向け) 。冬はZwiftでトレーニングすることにしました。

弥彦山

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

本日は、弥彦山に上ってきました。1度上って、抹茶アイスを食べて帰ろうと思いましたが、成り行きでパフェになりました。

 

 弥彦山スカイライン(県道561号線)の間瀬口(新潟市側の入り口)です。

f:id:niigatabicycletourism:20180914205357j:plain

自動二輪や原付は通行禁止ですが、チャリはOKのようです。上の売店にバイクスタンドがあるので。近くのチャリダーがよく上りに来ます。毎年9月の初めに、ヒルクライムレースも開催されます。

 

そのレースの以前のコースは、このゲートから少し先にスタートラインがあり、距離5.3km、平均勾配7.数%というものでした。上りながらサイコンの勾配表示を確認すると、6%から下の数字を見ることがなく、気がつけば9%、10%と数字が増えていって、平均7%というのを疑いたくなります。結構パンチのある坂ですので、上る際には、お覚悟を。

 

スカイラインの山頂の駐車場に到着。今日のタイムは、24分15秒(ゲートから新潟市弥彦村の境まで。そこから駐車場までは下り)。速い人は、16、7分で上るので、まだまだ頑張らねば。

f:id:niigatabicycletourism:20180914224719j:plain

 

いつもならここで折り返して、家に帰るのですが、今日はこれに乗ります。

f:id:niigatabicycletourism:20180914230748j:plain

ライミングカーというそうです。おそらく初めて乗ります。1分ほどで、弥彦山の9合目まで連れて行ってくれます。

f:id:niigatabicycletourism:20180914231158j:plain

自転車はバイクスタンドに置いて、乗車します。

懐かしい切符切りで、チケットを切ってくれます。

f:id:niigatabicycletourism:20180914233618j:plain

 

f:id:niigatabicycletourism:20180914230715j:plain

少し雲がはれて、佐渡が見えてきました。

f:id:niigatabicycletourism:20180914231716j:plain

下にバイクスタンドが見えます。

 

越後平野側には弥彦神社があるのですが、そちら側からはロープウェイで同じ場所まで行けます。

f:id:niigatabicycletourism:20180914232344j:plain

 

上に行くと、売店と食堂があり、その建物の屋上が展望スペースになっています。

f:id:niigatabicycletourism:20180914232014j:plain

越後平野は、実りの季節です。稲刈りが進んでいます。

f:id:niigatabicycletourism:20180914232114j:plain

海側。対岸は佐渡です。今年こそ、佐渡に行く・・・。

 

 写真を撮ったら、階段を上ってくるときに気になった、これを食べることにしました。

f:id:niigatabicycletourism:20180914232549j:plain

ツリーパフェ。後ろに東京スカイツリーがありますが、弥彦山の標高が634mと、スカイツリーの高さと同じことからつくられたメニューです。

 

実物がこちら。

f:id:niigatabicycletourism:20180914232828j:plain

インパクトすごい。サンプルを見たときは、上にある黒い棒をただの支柱だと思っていたので、出てきたときに意表を突かれました。

上から、太いポッキー、コーン、ソフトクリーム、黄桃、コーンフレーク、キウイソース、ソフトクリーム、いちごソース、一番下にはブドウや白桃、サクランボなどの果物が入っています。

食べ応え抜群でした。

 

弥彦山は、様々なコースに組み込みやすい場所にあるので、ヒルクライムが好きな方は、是非とも1度訪れてみてください。

 

周辺にはレガーロもあります。

今日のレガーロ カテゴリーの記事一覧 - 新潟自転車観光

 

弥彦山はこちら

3連休は雨でばかりで、遠くには行けなさそうです・・・。

ご覧いただきありがとうございました。


にほんブログ村