新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが、新潟でロードバイクを楽しむためのコース・スポットを紹介します(主に県外の人向け) 。冬はZwiftでトレーニングすることにしました。

改めて新年のあいさつ&今年やりたいこと

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

年末にドラクエウォークを始めてみたプッチンチャップリンです。

 

時間がだいぶ経っていますが、改めまして、新年あけましておめでとうございます。今年は暖冬傾向で、新潟の平野部には雪が積もっていません。休みの日には外で走れるチャンスをうかがっています。

さて、年末あたりから考えていることですか、今年1day・oneweyで300kmに挑戦したいなと考えています。300という数字にこだわっているわけではないですが、計画しているコースがあるので、チャレンジしてみたいです。いろいろ旅程を考えてみると、前後1日の移動日が必要になりそうなので、休みと天気がうまくかみ合うときに実行できればいいなあと思います。

今までの自己最長は150kmくらいで、その倍の距離を走ることになるので、冬に間に体力を増強しておきたいと思います。ズイフトも頑張ろうと思います。

冬のトレーニングが充実すれば、来シーズンの競技結果も良くなると信じています。昨年出場したキャラクターエンデューロと富士ヒルには、今年も出場を予定しています。特には富士ヒルはシルバーを目指しているので、少しでも75分に迫れるように頑張ります。

今年も、新潟自転車観光をよろしくお願いします。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

 

Route13 「三条ものづくりサイクルツールズム」レポート その5

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

今回でゴールまで駆け抜けます。

 

諏訪田製作所さんの次は、マルナオさんに向かいます。

諏訪田製作所から里山沿いの集落を走っていくとそのうち着きます。県道8号線を戻っても大丈夫です。周辺にはこのような看板があるので、迷わないと思います。

f:id:niigatabicycletourism:20200106213327j:plain

ということで到着。

f:id:niigatabicycletourism:20200106213641j:plain

こちらもオープンファクトリーとショップがあります。

箸やカトラリーを扱う企業ですので、扉の取っ手が箸型です。(ショップの入り口)

f:id:niigatabicycletourism:20200106213926j:plain

オープンファクトリーはこんな感じでした。残念ながら私が行ったときには誰もいませんでした。

f:id:niigatabicycletourism:20200106214104j:plain

製品の箸や神社の彫刻が展示されていました。

f:id:niigatabicycletourism:20200106214252j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20200106214314j:plain

ショップも見てきました。どれも結構なお値段します。

f:id:niigatabicycletourism:20200106214556j:plain

見た中で一番高かった箸。11万円・・・。その名も「インドマグロ」。

f:id:niigatabicycletourism:20200106214937j:plain

インドマグロ 235mm | マルナオ

名前は、インド産の木材を使っているところから来ているようです。

他にも、目を引いた「脇差」というシリーズのナイフとフォーク。(色違いもあります)

f:id:niigatabicycletourism:20200106215220j:plain

脇差 テーブルナイフ マイカルタ | マルナオ

木製のコーヒーカップもありました。小さいエスプレッソカップというやつですかね。

f:id:niigatabicycletourism:20200106215553j:plain

デザインの優れるものが多くあり、見ているだけでも楽しめました。

さて、もう1つチェックポイントが残っているので、そこそこでこちらも後にします。

最後のチェックポイントは山谷産業さんです。こちらは三条の街中にあるので、市の外れから一気に街中に戻ります。今回最長の移動です。と言っても10km程ですが。マルナオさんの前の県道212号線を市街地方面に道なりに進んで行くと、野球場の近くに出て、そのまま五十嵐川を渡ります。渡ってからはナビがあった方がいいと思います。到着。

f:id:niigatabicycletourism:20200106223253j:plain

したのですが、残念ながらこの日は祝日でお休み。こちらはアウトドア用品などを製造されているようで、最近は「ゆるキャン△」とコラボしたことで話題になりました。

www.muranokajiya.jp

今回は、中にも入れないので、バイクスタンドの写真だけ撮影して、お暇です。

 

さて、これで8か所すべて周り終えたので、ノベルティをもらうために、サイクルショップコバヤシさんに向かいます。こちらはとくに道が分かりにくいので、ナビ使ってください。JR弥彦線北三条駅東三条駅の中間位にあります。外観はこんな感じでした。

f:id:niigatabicycletourism:20200106230141j:plain

簡単なアンケートに答えて念願のバルブキャップを手に入れました。

f:id:niigatabicycletourism:20200106230348j:plain

早速6ちゃんにつけてみました。

f:id:niigatabicycletourism:20200106230723j:plain

ハブとGOKISOのロゴが赤なので、結局目立つように金色に変えてもらいました。結構存在感があります。低速ならホイールが回転していてもわかります。

イベントのおかげで、イメチェンできた6ちゃんでした。

Route13もご覧いただきありがとうございました。

今回のルート

Google マップ

今回の諸データ

経過時間 約4時間40分

走行時間 約1時間30分

走行距離 約30km

獲得標高 106m

消費カロリー 642kcal

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

 

 

 

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

  • 発売日: 2017/09/01
  • メディア: 食品&飲料
 

 

 

Route13 「三条ものづくりサイクルツールズム」レポート その4

あけましておめでとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

 2019年中に書き上げる予定でしたが、年を越してしまいました。気合いを入れて、その4です。

 

包丁工房タダフサさんを出発し、次は相場産業さんに向かいます。近くなのですが、名もなき道路ですので、ナビをおすすめします。

f:id:niigatabicycletourism:20200105174550j:plain

いくつか建物がありますが、ショップとバイクラックはこちらの第三工場になります。8か所のチェックポイントの内、唯一の自転車関係の製品があるところで、気になっていたバルブキャップを作っているのはこちらの会社です。

(↓これこれ)

f:id:niigatabicycletourism:20191212235147j:plain

Valve Hexcap バルブヘックスキャップ

工具や工具型の栓抜きやしおりなどを作ってらっしゃいます。この日お店にいた方も自転車に乗られているそうで、少し自転車の話もできました。

 

バルブキャップの実物を確認しつつ、次のチェックポイントを目指します。次は、爪切りで全国的に有名な諏訪田製作所さんです。適当なところで信越本線の線路を渡って、県道8号線に出た方がいいと思います。県道8号線を走っていれば、道から見えますので、間違わないです。

裏ですが、お店の外観はこんな感じです。

f:id:niigatabicycletourism:20200105190436j:plain

工場はこちら。

f:id:niigatabicycletourism:20200105190541j:plain

中に入ると巨〇兵っぽいオブジェが…。そして、なぜか真ん中に椅子。

f:id:niigatabicycletourism:20200105190633j:plain

他にもライオンや、

f:id:niigatabicycletourism:20200105190738j:plain

盆栽もあります。

f:id:niigatabicycletourism:20200105190849j:plain

これらのオブジェは製品の部品をくりぬいた廃材で作られています。(オブジェを見ると所々穴が空いているのが分かります)

f:id:niigatabicycletourism:20200105191019j:plain

こちらの製品は、見たことがある方も多いのでは?

f:id:niigatabicycletourism:20200105191630j:plain

展示の先にオープンファクトリーがあるのですが、この日は見学できませんでした。残念。

f:id:niigatabicycletourism:20200105191233j:plain

見学はできませんでしたが、気になっていた諏訪田製作所さんを見に行くことができてよかったです。カフェもありますので、こちらで一息ついても良いかもしれません。

 

とりあえず、その4はここまで。燕三条駅から約15km。

 今回のルート

Google マップ

 

 

Route13 「三条ものづくりサイクルツールズム」レポート その3

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

あまり、長い距離移動していませんが、その3です。

 

ご飯を食べ、残りの6か所を巡ります。次に近い場所は、三条ものづくり学校です。鍛冶道場の前の道を五十嵐川方面に進み、橋を渡り、「島田二条南町」という交差点を左折。この交差点。

f:id:niigatabicycletourism:20191215134310j:plain

左折してしばらく行くと、看板があります。ここを左折したらすぐにものづくり学校です。残念ながら近くまで行かないと案内がないので、ナビを使った方がいいですね。

f:id:niigatabicycletourism:20191215134609j:plain

到着。見た感じでわかるように、閉校した学校を利用した施設です。

f:id:niigatabicycletourism:20191215135238j:plain

教室ごとにいくつかの企業が入っているシェアオフィスのような施設です。

三条ものづくり学校

イベントやワークショップがあったりもします。この日は、土曜日だったのでほとんどの企業はお休みでした。

f:id:niigatabicycletourism:20191215141151j:plain

ミニ四駆大学なる場所もありました。(こちらはこの日もやっていました)

f:id:niigatabicycletourism:20191215141856j:plain

食事ができるような場所もあったようなので、こちらで昼食でもいいかもしれません。(水木定休だそうです。詳しくはHPをご覧ください)

ちなみに、バイクスタンドは玄関内にありますので、外で見つからなくてもあきらめないでください。

f:id:niigatabicycletourism:20191215144637j:plain

 

さて、ものづくり学校を後にして、次は包丁工房タダフサさんに向かいます。

案内看板の道まで戻り、道なりに700mほど進み、路地を曲がったところにあります。

f:id:niigatabicycletourism:20191215151037j:plain

工房にショップが併設されています。

f:id:niigatabicycletourism:20191215151238j:plain

中に入るとちょうど私しか客がいなく、店員さんが丁寧に接客してくださいました。恰好で「サイクルツーリズム」に参加していることはまるわかりなので、以前に来たチャリダーの話を聞いたり、下のパン切り包丁の試し切りをさせてもらいました(切ったパンは補給食になりました)。刃先だけ波型になっている他にはない包丁だそうです。

www.tadafusa.net

他にも、燕三条エリアや長岡でこんなことやってるよー、という話を色々聞いていました。なんだかんだ30分くらいいましたが、話が盛り上がりすぎて、店内の写真を撮るのを忘れたので、詳しくはHPをご覧ください。

ちょうど工房の前に自販機があったので、ボトルを補給して次の場所に向かいました。

 

とりあえず今回はここまで。燕三条駅から約7km。

今回のルート

Google マップ

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

 

 

Route13 「三条ものづくりサイクルツールズム」レポート その2

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

Route13の続きです。

 

20分ほど地場産センターに滞在して、次の場所を目指します。一番近いのは、三条鍛冶道場です。これから、しばらく三条の街中を通ります。

地場産センターからは 信濃川沿いに出て、県道1号線の橋を渡るのがいいと思います。この欄干がチェレステカラーの橋です。(渡ったあと右岸側から撮影)

f:id:niigatabicycletourism:20191214160037j:plain

橋を渡ったら、JR弥彦線の高架下の道を少し走ると、もう三条鍛冶道場に到着です。

f:id:niigatabicycletourism:20191214160620j:plain

三条鍛冶道場はその名の通り、鍛冶体験ができる施設です。写真の奥側の天井が少し高くなっている棟で、体験ができるようになっています。

f:id:niigatabicycletourism:20191214161226j:plain

体験の受付時間は、開館時間よりも短いですので、ご注意を。今回は時間もないですし、服装にも問題がありそうですので、残念ながら体験のレポートは無しです。

三条鍛冶道場 - 新潟県三条市の鍛冶体験施設

代わりに、中の展示を少し撮影してきました。製品を作る工程がわかるようになっています。

包丁

f:id:niigatabicycletourism:20191214162543j:plainまさかり

f:id:niigatabicycletourism:20191214162742j:plain

木ばさみ

f:id:niigatabicycletourism:20191214162854j:plain

などなどです。時間があれば、体験もどうぞ。

 

まだ2か所目ですが、時間は11時をまわっていたので、すぐ向かいにある「三条スパイス研究所」というカレー屋でご飯を食べることにしました。

f:id:niigatabicycletourism:20191214164702j:plain

木でできた特徴的な建物の中にあります。すぐ隣に駅の駐輪所があるので、自転車はそこにとめるといいと思います。

f:id:niigatabicycletourism:20191214164416j:plain

建物自体は、三条市の公共施設で、その中に三条スパイス研究所がテナントとして入っているという状態です。

f:id:niigatabicycletourism:20191214164825j:plain

反対側の入り口には、ワークショップなどの予定が掲示されています。いろいろやっているようです。

f:id:niigatabicycletourism:20191214165100j:plain

中はこんな感じ。

f:id:niigatabicycletourism:20191214165236j:plain

ターリーセット(1320円税込み)。この日の4つのカレーの中から、白菜カレー(スリランカ風)とチキンキーマを選びました。辛いものが苦手なもので、あまり外食でカレーを食べないのですが、今回食べたカレーは、スパイスはきいていますが、辛いわけではなく、辛いものが苦手でも食べることができました。(メニューに辛いと書いてあるものもありましたが、私は選べません)

11時半を過ぎたころから、徐々に混み始めました。県内では人気のお店ですので、タイミングが合えば昼食場所の候補にしてみてください。

 

燕三条駅から約4.5km

今回のルート

Google マップ

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

 

 

Route13 「三条ものづくりサイクルツールズム」レポート その1

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

歯周病が気になり始めたプッチンチャップリンです。

 

11月末、走り納めのつもりで出かけた様子をレポートします。

 

11月に入り、ショップに顔を出してみると、こんなチラシを発見しました。

https://www.city.sanjo.niigata.jp/material/files/group/18/cyclechirashi.pdf

三条市の町工場などを8か所巡り、この企画のために作られたバイクスタンドにぶら下がっているロゴプレートを撮影し、三条市にある「サイクルショップ コバヤシ」さんに行くと、ノベルティがもらえるという企画です。

f:id:niigatabicycletourism:20191212235147j:plain

2種類のノベルティがあるのですが、この六角レンチ型のバルブキャップが気に入って、年内に行ければいいなあと思っていたら、11月23日、気温が20度を超えるという予報が出ていたので、行ってきました。

 

8か所のチェックポイントはチラシと三条市の観光HP(↓)にありますが、周る順番は自由です。

三条ものづくりサイクルツーリズム/三条市

このブログとしては、県外の方に見てもらいたいので、スタートはやはり新幹線の駅からです。

f:id:niigatabicycletourism:20191212214514j:plain

ということで、10時20分、燕三条駅(燕口)をスタートです。

といっても最初に行くのはすぐそこの道の駅燕三条地場産センターです。信号待ちしても3分で着きます。

f:id:niigatabicycletourism:20191212221524j:plain

はい到着。

f:id:niigatabicycletourism:20191212223243j:plain

各バイクスタンドにこのプレートが下がっているので、これを写真に収めていきます。

f:id:niigatabicycletourism:20191212223426j:plain

 地元に住んでいながら、一度も地場産センターに来たことがなかったので、時間をかけて中を見てきました。

建物に入ると、まず地場産品の展示コーナーがあります。

f:id:niigatabicycletourism:20191212231525j:plain

包丁や

f:id:niigatabicycletourism:20191212231605j:plain

洋食器、

f:id:niigatabicycletourism:20191212231701j:plain

工具類などがズラリとならんでいます。

f:id:niigatabicycletourism:20191212231752j:plain

ニパ子もいます。

f:id:niigatabicycletourism:20191212231917j:plain

ジャイアント馬場もいます。(三条の名誉市民です)

f:id:niigatabicycletourism:20191212232018j:plain

 

地場産品の販売コーナーもあります。

f:id:niigatabicycletourism:20191212232137j:plain

洋食器のばら売りや

f:id:niigatabicycletourism:20191212232223j:plain

タンブラーなどが売られています。

f:id:niigatabicycletourism:20191212232521j:plain

他にも、プラ製ストローに代わるアルミ製のストロー(タピオカ用もあります)があったり、

f:id:niigatabicycletourism:20191212232846j:plain

TBSの「グランメゾン東京」で使用されている燕三条産の洋食器が展示されていました。

f:id:niigatabicycletourism:20191212232617j:plain

高速で来た人には洋食器のプレゼントキャンペーンもやっているようです。

f:id:niigatabicycletourism:20191212233223j:plain

道の駅ですので、駐車場は広々あります。車にチャリ積んできて、ここでお土産を買って帰るというのもアリですね。

地場産センター内の写真が多かったので、今回はここまで。

ご覧いただきありがとうございました。

 

燕三条駅から約600m

今回のルート

Google マップ

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

 

 

 

 

半年ぶりに・・・

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

レーニングをサボり気味のプッチンチャップリンです。

 

先日、約半年ぶりにZwiftをやりました。

 

記憶では、富士ヒル終わってから何回か乗ったような・・・という感じだったのですが、実際に確認してみると6月30日が最後でした。7・8月は仕事が忙しく自転車自体にあまり乗れなくて、9月はキャラエンが迫っていましたが外で練習をしていたので、Zwiftは使いませんでした。10・11月はもしかしたらローラー乗るかもと考えていたので、月額料金を払い続けていたのですが、結局12月に入るまで、ログインすらしませんでした。今考えてみれば、一度退会しても良かったなと思います。6か月間だと9000円近く払ってますからね。もったいない。

9月にキャラエンが終わり、オフモードに浸っていたので、そろそろトレーニングを再開させて、来シーズンに備えたいと思います。

自宅でローラーや自重トレーニングをやりつつ、ウエイトトレーニングも継続できたらと思います。来年こそは、富士ヒルで1時間20分を切りたいと思います。(シルバーとは言わないところがチキン)

 

短距離ですが、今シーズンの走り納めで走ったコースを、後日記事にしたいと思います。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村