新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが新潟で自転車を楽しむためのコース、スポットを紹介します。

Route5(仮)その1 燕三条駅 ⇒ 新津 ⇒ 水原(瓢湖) ⇒ 新潟東港 ⇒ 豊栄 ⇒ 古町 ⇒ 新潟駅

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

7月16日(月・祝)に燕三条駅から、いろいろ周って、新潟駅まで行ってきました。

Route5(仮)となっているのは、事前のリサーチがあまりなく、燕三条駅から新潟東港までは、ただの移動になってしまったからです。あとから情報を付け加えていきたいと思います。

 

この日の目的は、新潟東港に停泊していた護衛艦「ひゅうが」の見学でした。

新潟港は、今年開港150周年ということで、様々なイベントを開催しています。

新潟開港150周年公式サイト―みんなでつくる、みなとまち新潟スタート! |

その一環として、7月14~16日の間、新潟東港にひゅうががやってきました。

護衛艦「ひゅうが」が新潟東港に|NHK 新潟県のニュース

とりわけ軍事オタクというわけではないのですが、新潟市の北区や聖篭町方面にはあまり行ったことがなかったので、移動ルートだけ決めてとりあえず行ってみました。

 

朝8時40分ころ燕三条駅をスタートです。

f:id:niigatabicycletourism:20180718153005j:plain

燕三条駅を出発して、国道8号線を新潟方面に向かいます。

 

駅の周辺は片側2車線で交通量も多いですが、少し進むと片側1車線になり、左側には中ノ口川沿いの果樹園が広がります。路側帯は余裕があるので、車は気にならないと思います。

f:id:niigatabicycletourism:20180718153352j:plain

燕三条から新潟市南区にかけては果樹園や観光農園が多くあるので、別の機会に行ってみようと思います。

f:id:niigatabicycletourism:20180718153715j:plain

8号線沿いに、直売所もあります。

 

燕三条を出発してから40分ほどで新津方面の案内標識が出てきます。右折します。

f:id:niigatabicycletourism:20180718154454j:plain

交差点「白根古川」。新潟市南区の中心に近づいてくると新しく整備された道が続きます。周りに何もないので、交差点を間違いやすいです。

 

国道8号線から国道460号線に曲がると、はじめは集落があり、細い道が続きますが、集落を抜けると道が広がります。

f:id:niigatabicycletourism:20180718154908j:plain

路側帯が狭いですが、8号線と違い交通量が少ないので、車道の左端を悠々と走っていられます。(半分どころか、周囲は一面青いです。田んぼばかり)

 

この道を直進していれば、新津に着きます。新津の街中に入るまで、2件コンビニがあったので、補給できます。

私は、街中に入ったあたりのローソンで一休み。駅から1時間ほどです。

f:id:niigatabicycletourism:20180718155629j:plain

 

このコンビニを過ぎて跨線橋を渡ると駅前の商店街です。

以前訪れた「箱岩」さんもこちらにあります。

ランチ情報 箱岩 - 新潟自転車観光

新津は鉄道の街として有名で、商店街にもちらほら鉄道関連のものが見受けられます。

駐車場の入り口に遮断機(バーはありません)

f:id:niigatabicycletourism:20180718160330j:plain

駅のホームの乗車位置を示す札(最近は見ませんが)

f:id:niigatabicycletourism:20180718160538j:plain

歩道にいきなりSLの車輪

f:id:niigatabicycletourism:20180718160617j:plain

酒屋の脇に信号機

f:id:niigatabicycletourism:20180718160638j:plain

と、こんな感じです。

 

商店街を進み、

f:id:niigatabicycletourism:20180718160949j:plain

新津駅前の通りを新発田(しばた)方面に曲がります。

 

右折して5分ほど走ると、鉄道資料館もあります。

入り口

f:id:niigatabicycletourism:20180718161320j:plain

館外展示

f:id:niigatabicycletourism:20180718161402j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20180718161238j:plain

夏は暑いので、休憩に寄ってみてもいいかもしれません。大人の入館料は300円です。

www.ncnrm.com

ひとまず、その1はここまで。

ここまで、約29km。所要時間は約90分(休憩含む)。

ルート

Google マップ

 

今回も、ご覧いただきありがとうございました。

熱中症にはお気をつけて。

 

 

 

 

機材紹介 新マドンさん 105 R7000系(復活時無敵状態)

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

マドンさんが整備から帰ってきました。

f:id:niigatabicycletourism:20180717221511j:plain

海の日に、新潟駅まで行った時の写真です。

 

今まで10速105(5700系)だったコンポを、新型105(R7000系)にしました。シフトレバー、FD、RD、クランク、BB、スプロケ、チェーンを変えました。

 

シフトレバー

f:id:niigatabicycletourism:20180717223136j:plain

外見的な変化

・サイドにあったロゴがレバー正面に

・ブラケットに滑り止めのパターンが入った

・内側のレバ―(小レバー)も滑り防止のザラつきがある(5700系にもあった?)

P-ST-R7000-L_2019NPC0005_750_750

(ST-R7000-L)←より引用

使用感

フロントはあまり使っていませんが、リアは5700系よりもキッチリ変速が決まる感じがありました(5700系の整備が行き届いていなかったので、ワイヤーの伸びなどが原因で変速しづらかったのかもしれませんが・・・)。

グローブをしているので、ブラケットの滑り止めの実感はあまりありませんが、小レバーのザラつきは、指を当てていて落ち着きます。個人的には好きなさわり心地です。

 

FD

f:id:niigatabicycletourism:20180717224254j:plain

RD(ちょっとピンボケ・・・)

f:id:niigatabicycletourism:20180717224526j:plain

外見的変化

・カクカクしたスタイリッシュなデザインになった

 

クランク

f:id:niigatabicycletourism:20180717224630j:plain

あれ?  デュラ・エーーーーーーーーース!(日曜朝の変身ヒロイン風に)

マドンさんを入庫したときには、R7000系の53-39の在庫がお店になく取り寄せという話だったのですが、シマノに確認してみると、53-39どころか全サイズのクランクが品薄状態らしく、お店に届くのが9月頃になりそうとのこと・・・。

BBを先に交換してしまい、元のクランクにも戻せないので、マドンさんを受け取りに行ったときに「とりあえず俺のデュラ着けといたわ。105が届くとダウングレードになるけど勘弁」と言われました。

かっこいい。一生に一度言ってみたい言葉にランクインです。文句なんぞありませんとも。タイトルに書いたように、一時的なアップグレードですが、ありがたく人生初デュラを楽しませていただきます。

デュラ効果かはわかりませんが、かなり進むなという印象でした(BBを変えて回りが良くなったからかもしれないし、2週間ほど乗れていなかったので体がフレッシュだったからかもしれません)。

 

新潟は、7月9日に梅雨明けの発表があり、いよいよ夏本番です。

今年も暑くなりそうですが、いろいろなコースに行きたいと思います。

 

とりあえず、津南のひまわり畑に行こうと計画中。ツール開催中に間に合うか?

 

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

 


にほんブログ村

 

 

今日のレガーロ 20180713

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

レガーロ行ってきました。

 

今日もコーンのトリプル。450円也。

f:id:niigatabicycletourism:20180713122910j:plain

(左) 枝豆 (中央) 枝豆 (右) 枝豆

 

枝豆 拡散ビームで目くらまし

枝豆 バズーカで砲撃

枝豆 ヒートサーベルで斬りつける

 

うま死・・・

 

 


にほんブログ村

 

 

 

ランチ情報 青桐

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

長岡駅前のラーメン店「青桐」さんに行ってきました。Route3では、夕食で青島食堂に行きましたが、長岡駅周辺でラーメンを食べるならば、こちらのお店もどうでしょうか?

 

鶏骨スープのラーメンを出しています。

f:id:niigatabicycletourism:20180711221422j:plain

鶏骨醤油ラーメン

お肉は豚と鶏の2種類。スープの見た目は豚骨醤油のように濃い色をしていますが、コクはあってもしつこくない感じです。

黒ウーロン茶の無料サービスもあります。

曜日限定ですが、鶏骨塩ラーメンもあります。水・土か火・土だったと思います(メモってくるのを忘れた・・・)。

 

お店の外観はこんな感じです。

f:id:niigatabicycletourism:20180711222908j:plain

 

新潟のラーメンは結構レベル高いと思うので、ラーメンも多めで行こうと思います。

今回もご覧いただきありがとうございました。

お店はこちらです。

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

信濃川大河津資料館

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

西日本での豪雨被害にあわれた方々、お見舞い申し上げます。

 

ブログを始めたときから、資料館の記事を書こうと思っていたのですが、なかなか書く時間がなく、ここまで延び延びになってしましました。

 

大規模水害が起こったこんな時にとも思ったのですが、こんな時だからこそ、記事を書こうと思いました。

 

近年は、インフラツーリズムという言葉も定着してきたようで、ダムなどの見学ツアーも開催されるようになってきたようですが、ダムや堰などに普段から関心をもって生活をしている人は少数派だと思います。

 

大河津資料館の記事を書こうと思っていたのは、小さいころから何度も訪れているところで、思い入れがある資料館だったからです。堰カードを配布しているという点もあります。

 

といっても、小さいころからインフラマニアであったわけではありません(今も、カードを集めていますが、特にマニアであるわけではないです)。父親に連れられて行っていただけです。こういう資料館は、子どもが楽しめるようなスポットではないですよね。しかし、今考えてみると、何度も見た展示の内容はだいたい覚えていますし、水害の恐ろしさをイメージできています。地元の歴史の勉強にもなりました。

 

全国各地に、こういった施設と防災に関する資料館はあると思います。もうすぐ夏休みですし、お子さんを連れて行ってみてはいかがでしょうか?夏休みの自由研究の題材にもなると思います。資料館に行った時の記憶が、将来自然災害に遭遇した時、お子さんの命を救うかもしれません。

 

さて、大河津資料館の場所はこちらです。

 地図を見ていただくと、南から川が流れてきて、北西と東に川が分岐しているのがわかると思います。東側の流れが信濃川の本流で、北西方向の流れが人工的に造られた(大河津分水という)水路です。水路の長さはおよそ9kmにもなります。

 

f:id:niigatabicycletourism:20180711135230j:plain

大河津資料館の外観はこんな感じ。1・2階は、堰や洪水に関する資料の展示室、3階は資料室、4階は展望室になっています。

 

昔の信濃川は、たびたび洪水を起こしていたらしく、信濃川下流域はその被害に見舞われていました。

f:id:niigatabicycletourism:20180711140031j:plain

グラフの通り、水路が完成したことで、100年あたりの水害の回数が3分の1ほどに減少しています。

 

1896年に「横田切れ」と書いてありますが、この時は新潟市の方まで水につかったという記録が残っています。

f:id:niigatabicycletourism:20180711141544j:plain

横田は分岐点からおよそ5kmほど下流です。ここの堤防が決壊して大きな被害をもたらしました。

 現在では、記念碑が建てられています。

 

そして、大河津分水の役割ですが、水量の変化に合わせて、水を信濃川下流に流したり、信濃川の流れを止めて海に流したりしています。 

f:id:niigatabicycletourism:20180711142153j:plain

水路と2つの堰ができたおかげで、グラフにあるように、水害が防がれてきました。

しかしそれでも、信濃川下流域全体を含めて水害がゼロになったわけではありません。最近だと、平成16年新潟福島豪雨で、信濃川以外の川で堤防が決壊しています。

 

大河津分水の影響は、水害の減少だけではありません。信濃川下流域を米どころに変えました。

f:id:niigatabicycletourism:20180711144257j:plain

一番下の折れ線グラフを見ると、大河津分水通水後から米の収穫量は右肩上がりです。グラフの上の「田のようす」を見ていただくと、湿田から乾田に変化しているのがわかります。

 

展示されていた模型です。水路ができる前のこの地域の田んぼは、沼地のようになっていて、腰まで水に浸かってしまうため、田植えや稲刈りの際には船を利用していたそうです。

f:id:niigatabicycletourism:20180711144607j:plain

田植え

f:id:niigatabicycletourism:20180711144829j:plain

稲刈り

f:id:niigatabicycletourism:20180711144902j:plain

田んぼに入っての稲刈り

f:id:niigatabicycletourism:20180711144945j:plain

田んぼに埋まらないように、田下駄・田かんじきと呼ばれる道具が使われていたようです。

こんなことも書いてありました。

f:id:niigatabicycletourism:20180711145110j:plain

江戸時代から水路の必要性が唱えられ始めて、途中何度も工事は中断しましたが、大河津分水が完成したことで、越後平野は大きく変わりました。

 

と、こんな内容の展示が1階にあります。2階には、主に大河津分水の工事の歴史や様子についての展示があります。

定番の模型

「洗堰」(信濃川方向の堰)

f:id:niigatabicycletourism:20180711145732j:plain

「可動堰」(水路の方の堰)

f:id:niigatabicycletourism:20180711145833j:plain

 

展望階からの風景

水路の写真(奥は日本海方向)

橋のようなものが可動堰です。堤防から堤防までの幅は650mにも及ぶ広い水路です。

f:id:niigatabicycletourism:20180711150052j:plain

分岐点の写真

f:id:niigatabicycletourism:20180711150117j:plain

写真の奥が信濃川の上流方向、右側が水路方向、左側が信濃川下流方向です。

 

洗堰(信濃川方向の堰)には、魚道観察室が設けられています。

f:id:niigatabicycletourism:20180711150513j:plain

 

中はこんな感じです。

f:id:niigatabicycletourism:20180711150916j:plain

動画を撮影してきました。残念ながら、建設されてからしばらく経っているので、ガラスが汚れていますが、かろうじて小魚が泳いでいる様子が見られます。


大河津洗堰の魚道観察室

 

いかがでしたでしょうか?ご紹介した展示はほんの一部です。簡単にまとめるだけでも、これだけのレポートになりますから、自由研究にはもってこいだと思います。この夏、今回の豪雨災害の記憶があるうちに、お近くの防災センターやダムなどに行ってみてください。

大河津分水路の堤防は、桜の名所でもありますので、ぜひとも春にお越しください。

tsubame-kankou.jp

 

配布されている堰カードは3枚です。

f:id:niigatabicycletourism:20180625002645j:plain

今回も、ご覧いただきありがとうございました。


にほんブログ村

 

 

 

ランチ情報 箱岩

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

今回は、お食事処をご紹介。

新津駅前の「箱岩」さんです。

f:id:niigatabicycletourism:20180703232507j:plain

地元の人気店で、土曜の12時に来店したこともあって、混雑していました。

 

メニューはいろいろありましたが、ランチメニューの中から、メンチカツ定食を注文。

f:id:niigatabicycletourism:20180703233135j:plain

どでかいメンチカツが出てきました。ソースをかけなくても肉の味がしっかりとあって、大変おいしかったです。大きいですが、2つくらいペロリと行けそうなくらいおいしいです。

 

30分くらい経つと、店内の混雑も落ち着いてきました。お昼のピークから少し外すと、待ち時間が少なくてよいと思います。

 

駅前という立地上、駐車場は少ないです。お店の前に2台分のスペースはあるのですが、ピーク時はすぐに埋まってしまします。その2台の駐車場に止められないと、有料駐車場に止めることになります。2000円以上で駐車券をもらえるようですが、全体的にリーズナブルなメニューが多いので、1人・2人だと金額が足りないかも。自転車で行けば、駐車場の心配はいらないですが。

 

お近くにお越しの際は、来店されてはいかがでしょうか?

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

お店はこちら

 


にほんブログ村

 

メニュー

f:id:niigatabicycletourism:20180703234051j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20180703234123j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20180703234150j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20180703234219j:plain

 

 

 

 

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

井村屋 スポーツようかん あずき 40g×10個

 

 

ナガオ 燕三条 和菓子 羊羹 ピックナイフ 日本刀

ナガオ 燕三条 和菓子 羊羹 ピックナイフ 日本刀

 

 

機材紹介 バイクその2

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

新潟の天気予報にも、雨マークが目立つようになってきました。そろそろ本格的に梅雨入りしそうです(毎年気象台の梅雨入り発表は信用していない)。

 

 

バイクその2

Cannondale Super Six Evo Hi-Mod (6ちゃん)

f:id:niigatabicycletourism:20180630134123j:plain

(今年の富士ヒルの時の写真。5合目は厚い雲に覆われていました)

コンポ Ultegra

クランク ホログラムクランク(52T-36T)

ペダル SPEEDPLAY ZEROステンレスシャフトペダル

ホイール GOKISO クライマーハブ(リムハイト38mm)

スプロケット Dura-Ace 12‐28

タイヤ イクシオンプロ 25mm

ビッグプーリー RIDEA C88(18T×18T)

サドル SPECIALIZED Power Expert

 

6ちゃんは、ヒルクライムのために購入したレース用バイクです。

マドンさんに初めて乗った時もかなりの感動がありましたが、6ちゃんに初めて乗った時も剛性の違いが体感でき、自分の力が余すことなく推進力に変換されている感覚が気持ちよかったのを覚えています。とても楽しいバイクです。まあ、お値段張るので当然っちゃ当然でしょうが。

 

ホイールは、MAVICのコスミックアルチメイトと迷いましたが、お世話になっているショップで、GOKISOクライマーの試乗をさせてもらった時の乗り味が良かったので、GOKISOを購入しました(コスミックアルティメイトを試乗する機会はありませんでしたが)。リムハイトが38mmということも関係しているのか、ヒルクライム用に購入したのですが、平坦がとても気持ちいいです。

今年の富士ヒルでは、斜度の変化があるところ(緩→急)で、速度の維持のしやすさを実感しました。誰もが言う通り、とにかくよく回ります。もともと怖かった下りが、さらに怖くなりました(汗)

 

ビッグプーリーは、今年購入したのですが、現行最大の18T×18Tが可能なRIDEAのC88を選択しました。大きくなるほど、チェーンの抵抗が少なく、変速はしにくくなるというのがビッグプーリーという話ですが、特に変速のしにくさは感じません。もともと去年、全然自転車に乗れず、体がなまっていたので、どれだけビッグプーリーの効果で早くなったかは正直わかりませんが、ビジュアルの破壊力は格段にアップしました。まだまだ貧脚なので、スプロケは12‐28を使っていますが、25や23をつけたら、ほぼ歯車の径は変わりません。 だんご三兄弟って感じです。

エアロタイプもありますが、ヒルクライムメインで考えていましたし、ビジュアルがあまり好きになれなかったので、エアロはやめました。チェーンの汚れを落としていた時、プーリーの掃除がしやすかったので、その面でもエアロじゃなくてよかったかなと思います。

 

キャノンデールのバイクですが、サドルはスペシャです(笑)

サドルの質感はあまりこだわりがないので、完全に色で選んでいます。朱色に近い赤で、お気に入りのデザインです。

 

と、こんな感じで、こちらのバイクには結構お金がかかっています(バイクに見合う体はこれから作る予定・・・)。

自転車貧乏と名乗っているのは、1つは自転車にお金をかけているということが理由ですが、もう1つ理由があります。今、稼ぎがめちゃくちゃ少ないのです。昨年度まではフルタイムで働いていたので、そこそこ稼ぎがありましたが、4月からは諸事情あって(自転車に専念するためではありません)パートタイマーなので、年収は3分の1ほどになりました・・・。ブログの広告収入で、チェーンオイル代くらい賄えないかなぁ・・・。

パートタイマーになって、自分の時間は昨年度よりも格段に増えたので、自転車も楽しみながら生活したいものです。このブログも、構想は前からあったのですが、パートタイマーになって時間に余裕が生まれたことがきっかけで始めました。今年は、新潟県内のいろいろなところに、積極的に取材(遊び)に行きたいと思います。

 

今回も、ご覧いただきありがとうございました。

 


にほんブログ村

 

フィニッシュライン(FINISH LINE) ドライ テフロン ルーブ プラボトル 120ml

フィニッシュライン(FINISH LINE) ドライ テフロン ルーブ プラボトル 120ml