新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが新潟で自転車を楽しむためのコース、スポットを紹介します。

Route2 瀬波温泉 ⇒ 山形県境 ⇒ 諸上寺公園 その1

当ブログ、新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンと申します。

 

今回は新潟県の中でも山形との県境に近いところに位置する、村上市に行ってきました。

 

実際に行ったのは5月11日(金)。朝、中越地区の自宅を車で出発し、昼ご飯を村上市で食べてから、午後自転車に乗ろうという計画でした。

 

今回、お昼に考えていたのは、江戸庄というお店の「村上牛レアステーキ丼」。

しかも奮発して「並」ではなく「上」!

・・・だったんですが、残念ながらGWの翌週の平日は店を閉めているようで、結局食べられませんでした。

 

村上市観光協会のブログに江戸庄さんの記事があったので、リンク張っておきます。

むらかみシュラン | 村上市観光協会 -鮭・酒・人情 むらかみ-

おいしそうでしょ?

 

結局、お昼は目的を達成できず、他のお店も調べていなかったのでコンビニで済ませました。

 

さて、ごはんが終わってからが今日の本題です。

車で村上市までやってきたので、瀬波温泉の無料駐車場に車を置いて、サイクリングスタートです。

f:id:niigatabicycletourism:20180519150703j:plain

(駐車場の脇には、観光案内所もトイレもあります。)

 

観光案内所近くの交差点を左折し、北を目指します。

途中、瀬波南国フルーツ園でアイスが食べられますが、スタートしたばかりですので、帰りに立ち寄ることにしました。

道なりに進んでいき、信号がある最初の交差点を左折します。(交差点には左折方向に「笹川流れ」と書いてあります)

左折してすぐに橋があり、ちょっとした丘を越えると、笹川流れと呼ばれる海岸道路にでます。(そこからはひたすら北上です。)

 

f:id:niigatabicycletourism:20180519152618j:plain

丘を越えると日本海が眼前に広がります。そして、この右カーブを曲がると・・・

f:id:niigatabicycletourism:20180519152848j:plain

笹川流れです。

 

海岸線に出てしまえばほぼ平坦ですので、気分よくサイクリングを楽しめます。この日は平日ということもあり、車もほとんど走っていいませんでした。(笹川流れは県内ではドライブコースとして有名なので、土日にはそこそこ交通量が多いと思われます。走られる方はお気をつけて。)

 

この海岸道路の入り口から24kmほど進むと本日の目的地①の「笹川流れ塩工房」に到着です。ここで塩ソフトをいただきます。

f:id:niigatabicycletourism:20180519154402j:plain

(奥に見えるのは、粟島。新潟県民でも行ったことがある人は少ないと思います。自転車で周るには、小さすぎるがいつか行ってみたい。)

 

ここまで走ってくる中で、35km/h以上(調子がいいと40を超えていることも)の速さで走っていました。普段、ヒルクライムをすることが多く平坦はあまり走らないので、「俺って実は速かったんだ」と思っていたら、塩工房ののぼりをみて気づきました。ただ追い風がすごいだけでした。


5月11日 村上市 風 (ブログ用)

気象台の観測データを確認すると、13時半頃には、最大瞬間風速7~8mの風が吹いていました。

前回といい、風には恵まれない当ブログです。

 

何はともあれ、お目当ての塩ソフトです。

f:id:niigatabicycletourism:20180519161517j:plain

しょっぱいですが、甘さを引き立ててくれるしょっぱさです。

運動した体にはちょうどいい。

 

スタートする前は、この後国道7号線で村上市街に帰るつもりでしたが、お店の方に県境まで車なら30分ほどとお聞きしたので、県境まで行ってみることにしました。

 

塩工房から7kmほどで国道7号線との交差点です。

 

勝木の交差点を左折して県境を目指します。といっても+7kmなので、あとちょっとです。

 

7号に出ると交通量は少し増え、大型車も通るので、お気を付けください。

 

最高の追い風に背中を押され、塩工房から40分くらいで県境まで到着しました。

f:id:niigatabicycletourism:20180519163342j:plain

県境で記念撮影。

そして、

f:id:niigatabicycletourism:20180519163445j:plain

近くの公園から新潟方面の海岸線を撮影しました。

JR羽越線が海岸線と並行して走っているので、電車が走っていると、また景色に映えます。

 

とりあえず今回はここまでです。

前半のルート

Google マップ

 

Route2(前編)をご覧いただきありがとうございました。

 

 


にほんブログ村