新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが、新潟でロードバイクを楽しむためのコース・スポットを紹介します(主に県外の人向け) 。冬はZwiftでトレーニングすることにしました。

Route12 村上駅 ⇒ 大石ダム ⇒ 桃崎浜 ⇒ 村上駅 その3

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

前回は、この日の目的である大石ダムにダムカードをもらいに行き、道の駅で補給したところまでお伝えしました。今回は、海岸線まで出て、後は村上駅まで帰ります。

 

道の駅関川の目の前を走る国道113号線で海まで出ます。

f:id:niigatabicycletourism:20190510225709j:plain

4月末ではもう桜は完全に散ってしまっています。今年は、千葉に行っていた20日前後が、村上市周辺の桜の見ごろだったように思います。ブログ始めたのが5月ですから、去年は桜レポートが一切なかったわけですが、今年も桜の記事がないのは少し寂しいところです。来年もどこにいるかわかりませんがどこかで桜の写真が撮れるといいなと思っています。

 

さて、113号線を日本海方面に走っていくと、国道7号線を横切り日本海東北道を横切り、もうしばらくまっすぐ走ると海まで出ます。

f:id:niigatabicycletourism:20190510231552j:plain

日本海東北道の下をくぐったあとの交差点を、金屋方面に曲がっても村上方面に帰れます。

 

海岸線まで出たらT字路を右折すると、はまなすの丘という小さな公園があります。トイレと自販機があるので、ちょっとした休憩ができます。

ここで写真を1枚。

f:id:niigatabicycletourism:20190510232246j:plain

時間的に、日差しが海面に反射してうまいこと写真が撮れなかったのですが、編集でどうにかしました。写真の奥には佐渡と何か船の影のようなものが写っていますが、この影、

f:id:niigatabicycletourism:20190510232714j:plain

岩船沖油ガス田のプラットフォームです。あまり日本では見慣れないものも見れます。新潟は、「燃える水」の出る土地ですので、県内にはいくつか油田やガス田があります。

 

休憩を済ませたら、国道345号線を走って村上市街地に向かいます。(345号線をずっと走っていくと笹川流れに着きます。)

途中、気になっていたクレープ屋さんによる予定でいました。「村恭」さんです。

f:id:niigatabicycletourism:20190510233816j:plain

しかし、店内に入ってみるとジェラートもあったので、ジェラートにしてしまいました。気温も上がってきたので、これからはアイスの季節です・・・。

f:id:niigatabicycletourism:20190510234041j:plain

越後姫(いちご)と村上茶のダブル。350円。(お手頃価格!カップもできます)

村上は、結構アイスを食べられるところがありそうです。食べ歩かなくては・・・。

越後姫は甘みだけではなく酸味もある感じ、村上茶は色を見る通りあっさり目の味です。

 

ここまで来てしまえば、村上駅はもうすぐです。

345号線をまた村上方面に進み、途中市民センターの交差点を右折するともう村上中心街です。浦田という交差点。

f:id:niigatabicycletourism:20190510235739j:plain

17時すぎには村上駅に到着しました。

f:id:niigatabicycletourism:20190510235926j:plain

1か月村上で生活しながら地図を眺めてみました。村上周辺は、数日滞在しながら、いろいろな方面に遊びに行くとより楽しめると思います。村上駅を起点にして、いくつかコース考えられたらと思います。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

 

今回の諸データ

経過時間 約5時間45分

移動時間 約3時間

移動距離 約69km

獲得標高 447m

消費カロリー 1522kcal

 

今回のルート

Google マップ

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村