新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが、新潟でロードバイクを楽しむためのコース・スポットを紹介します(主に県外の人向け) 。冬はZwiftでトレーニングすることにしました。

Route11 カードキャプターぷりん 佐渡カード編 その5

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

国仲平野に戻り、もう少し補給しようと思います。

 

県道45号線を進むと海岸線を走れます。県道31号線は内陸でショートカットコースなので、相川から平野部に行くには、2択になります。

f:id:niigatabicycletourism:20181118174000j:plain

30分も走れば真野湾が見えてきます。

f:id:niigatabicycletourism:20181118174810j:plain

写真だとわかりずらいですが、真野湾には牡蠣養殖用のブイ(黒い点)がみえました。

f:id:niigatabicycletourism:20181118175039j:plain

冬ならぜひ牡蠣を食べたいところですが、訪れたのは10月下旬ですので、牡蠣よりも柿の季節ですね。ダジャレではなく、佐渡は柿も名産ですので、秋には柿の方をどうぞ。

 

2度目の補給は、「すしや まるいし」さんでしようと思っていたのですが、残念ながら到着したら14時50分くらいで、昼休憩(15~17時)に入るところでした・・・。無念。一応場所はこちら。

まるいしさんは、一言でいうと「ちょっといい回転寿司屋」です。佐渡でリーズナブルにお寿司を楽しみたいときには、こちらか弁慶さんが有名のようです。しかし、弁慶さんは新潟にもお店があるので、今回はスルー。

かわりに少し戻って、アイスを食べることにしました。

 

ジェラテリア  キキさん

f:id:niigatabicycletourism:20181118181517j:plain

こんな看板があったのでシュークリームもいただきました。

f:id:niigatabicycletourism:20181118181649j:plain

注文したのがこちら。

f:id:niigatabicycletourism:20181118181828j:plain

アイスの方はトリプルで400円。

右:マロン

左:ピスタチオ

下:苺クリームチーズ

マロン:アイス自体の栗感は控えめ。粒大きめの栗がおいしく、アイスはそれを引き立てている感じ。

ピスタチオ:実の味よりも、香ばしさが強い味。ピスタチオも多くのお店でみる味ですが、このお店ならではの味に仕上がっています。

クリームチーズ:マロンと同じく、苺の味を強く感じられるように、アイスの味(クリームチーズ味)は控えめ。

全てに言えることですが、アイスの粘度がかなり高いです。この点も、こちらのお店の特徴です。

 

シュークリームは1つ170円。クッキー生地のようなサクサク感でした。ボロボロ崩れてくるのが少し難点ですが、おいしかったです。

 

アイスレポートを済ませたところで、その5は終了。

次回、いよいよ目的のダムカードを一気に3枚回収です。

ご覧いただきありがとうございました。両津港から約72km。

今回のルート

Google マップ

 


にほんブログ村