新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが、新潟でロードバイクを楽しむためのコース・スポットを紹介します。(主に県外の人向け)

超回復理論はもう古い? 『ピーキングのためのテーパリング』まとめ

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

先日購入した『ピーキングのためのテーパリング』を読み終えたので、簡単にまとめてみました。

 

ロードバイクに乗って、大会に出始めた人なら、恐らく1回は聞いたことがあるであろう「超回復理論」。この本では、超回復理論に代わる「フィットネスー疲労理論」が紹介されています。

 

・そもそも超回復理論とは

簡単に超回復理論をおさらい。

レーニングをすると身体が疲労するためパフォーマンスは一時的に低下する。時間が経過すると疲労が回復し、パフォーマンスがトレーニング前の水準に戻る。そして、その後「超回復」と呼ばれるトレーニング前のパフォーマンスを上回る状態が訪れるという理論。

超回復したということは、トレーニングの成果によりレベルアップしたということであり、超回復したところでまたトレーニングすることで、さらに超回復し、自身のパフォーマンスをさらに高めることができるというような考え方です。

・フィットネスー疲労理論とは

では、『ピーキングのためのテーパリング』で紹介されている「フィットネスー疲労理論」とは何かというと、経験上知りえている「トレーニングするとパフォーマンスが高まる」という人間の身体の現象を、パフォーマンスだけに注目するのではなく(それが超回復理論)、「フィットネス(その人が本来発揮できる力のような意味)」と「疲労」との兼ね合いで考えるという理論です。

フィットネスはトレーニングをすると高まります。しかし、トレーニング直後は身体が疲労しているので、トレーニングによって高まった力100%のパフォーマンスを発揮することはできません。疲労は私たちのフィットネスを阻害する働きがあるので、「フィットネスー疲労=パフォーマンス」というような関係性が成り立ちます。

この式だけを見ると、結局疲労0になった時にパフォーマンスが最大になるわけですが、フィットネスと疲労にはもう1つずつ重要な特徴があります。それは、「フィットネスは急性の変化量が小さい」ということと「疲労は急性の変化量が大きい」ということです。

言い換えると、短期間トレーニングをしても急にレベルアップできないけど、トレーニングの効果はある程度持続する。トレーニングをすると疲労はすぐにたまるけど、すぐに疲労は抜けるといった感じですかね。

フィットネスー疲労理論では、このような特徴を持つ「フィットネス」と「疲労」という2つの要素に注目して、ピーキングを考えるのです。(超回復理論が一元論なのに対し、フィットネスー疲労理論は二元論)

・フィットネスー疲労理論の必要性

結局のところ、人間の身体に起こっていることは変わらないので、どちらの考え方でも変わらないと思うかもしれませんが、ホビーサイクリストにまで知られるようになった超回復理論は、プロの世界ではその理論の正確性を疑問視されているそうです。

理論が正確でないということは、超回復理論に忠実にトレーニングをしたとしても、ピーキングに失敗するということがあるわけです。その失敗を避けるために、解明されていない人間の身体の仕組みに、より近い(現状で)フィットネスー疲労理論を採用するべきだというのが、著者の考えです。

また、著者は本の冒頭で、ピーキングは「守りの戦略」であって「やらかさない(大失敗しない)」ことが重要だと語っています。そのような認識に基づくならば、なおのこと、大失敗がありえる理論でトレーニングすることは避けたいですよね。

 

本の核になる部分のまとめは、こんなところかなと思います。本にはもっと詳しく「フィットネスー疲労理論」について記載されていますし、グラフもありますので、文字だけで読んでいるよりもわかりやすいと思います。ピーキングの失敗例を「フィットネスー疲労理論」で分析し、やらかさないためにはどのように改善したら良いのかや、実践例もありますので、気になった方は、ご一読されてみてはいかがでしょうか。

 

 


にほんブログ村