新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが、新潟でロードバイクを楽しむためのコース・スポットを紹介します(主に県外の人向け) 。冬はZwiftでトレーニングすることにしました。

Route8 越後湯沢駅 ⇒ 星峠 ⇒ 高田城 ⇒ 上越妙高駅 その3

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

Route8その3です。

f:id:niigatabicycletourism:20180925182621j:plain

このう回路の看板。嫌な感じがしますが、ショートカットできるので「水梨」方面に進むことにしました。

 

少し集落から外れると、こんな風景ばかりです。

f:id:niigatabicycletourism:20180925203609j:plain

そして、気になる道路の状況ですが・・・

 

 

 

 

 

f:id:niigatabicycletourism:20180925204723j:plain

工事中でしたが、通行止めではありませんでした!勝利!(年内はこんな感じのようです)

f:id:niigatabicycletourism:20180925204833j:plain

車道は砂利なので、端を進みます。

 

工事現場の先で気に入った風景があったので撮影。今回のお気に入りの1枚(え?星峠は?)。まだ9月ですが、少し木も色づき始めています。

f:id:niigatabicycletourism:20180925205056j:plain

 

国道403との交差点を左折。

f:id:niigatabicycletourism:20180925210350j:plain

403を少し先に進み、この美容室を左折(写真だと奥に進む)

f:id:niigatabicycletourism:20180925211549j:plain

ごはんを食べに「イエローハウス」さんに向かいます。松代や松之山の温泉街に寄らずに、ごはんが食べられるのはここくらい。今年か去年のcyclesportsの峠特集でも紹介されていました。

ショートカットになると思い、403から外れましたが、斜度10%前後のキツめの坂が待ち受けていました。403を直進した方が楽かも・・・。

まぁ、上りは2kmもないので、なんとかなります。

 

なんとかして、到着。古民家を再生した井伊寛治(いい感じ)の建物です。

f:id:niigatabicycletourism:20180925212414j:plain

店内の様子

f:id:niigatabicycletourism:20180925212531j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20180925212601j:plain

高い天井と立派な梁。

f:id:niigatabicycletourism:20180925212700j:plain

2階3階もあります。(主な飲食スペースは1階だそうですが)

f:id:niigatabicycletourism:20180925221817j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20180925221851j:plain

飲み物とデザートが中心で、食事系のメニューは「ミニトマトカレー」のみだったので、普通盛(大盛)できますか?と聞いてみると、快諾してくれました。

 

ということで、ミニトマトカレー(多め)

f:id:niigatabicycletourism:20180925222632j:plain

トマトカレーなので、ルーはトマトの甘さが引き立っています。お肉は、トマトと相性がいい鶏肉。玉ねぎは、崩れない程度に柔らかく、甘くておいしかったです。

お値段はドリンクとセットで1400円(カレー単品は1000円)。ちょっとお高めかもしれませんが、店内の雰囲気も含めると満足できるかなと思います。大盛りの値段を聞いたら、「大盛りの分はいらないよ」とサービスしてもらいました。路上では、車に煽られまくる自転車ですが、お店の人は自転車乗りに優しいの法則・・・。ありがとうございました。

 

※豪雪地帯ですので、11月の初めで冬季休業に入るそうです。

 

コース後半に向けて、腹ごしらえを完了し、いよいよ(ようやく?)次回は星峠の棚田です。果たして、稲刈りは終了しているのか?乞うご期待!

 

越後湯沢駅から約45km

今回のコース

Google マップ

 


にほんブログ村