新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが、新潟でロードバイクを楽しむためのコース・スポットを紹介します。

Route6 津南(ひまわり広場) ⇒ 万代橋 (信濃川川下り・ダム&堰カードがっぽり回収の旅) その1

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

 やっとこさスタート地点にたどり着き、ひまわり広場をスタートしたのは10時半。

今回のルートのコンセプトは「信濃川川下り」なので、できるだけ信濃川沿いを走ります。

 

津南駅まで戻り、その脇の県道49号線(国道353号線に接続)を走ります。津南駅からスタートする場合は、すぐに左折です。

信濃川沿いには、いくつかダムと堰があるので、知りうる限りもれなく回収していきます。まずは、宮中取水ダムと浅河原調整池ダムです。ダムの所在地は、津南町のお隣の十日町市ですが、配布場所は別の場所なので、写真必須です。

ダムカードの回収だけなら、最寄り駅は越後田沢です。

Google マップ

(↑津南駅から写真撮影場所まで)

国道353号線は、東電の信濃川発電所過ぎたあたりから、道が極細になります。でも、木陰の中を進むのは気持ちよかったです。動画撮ってみました。カメラはハンドルにつけています。編集で音楽を入れるのが前提だったので、音は最初から入っていません。


国道353ブログ用

この日気持ちよかったのは、この辺りまで・・・。あとは猛暑の中のサイクリングです。

 

ダム周辺に到着したら、少し下流の橋から、写真撮影。

f:id:niigatabicycletourism:20180803012251j:plain

 写真を撮ったら、次の浅河原調整池ダムを目指します。

県道49号線を走っていれば、そのうち着きます。

残念ながら、地図上では信濃川沿いを走っているのですが、ずっと川を見ながら走るということはできていません。集落があったり、木が生い茂っていて、なかなか川が見えない。

そうこうしている間に到着。写真撮影をして、任務完了。

f:id:niigatabicycletourism:20180803013520j:plain

このダムの近くまで来ると、十日町市の中心に近いです。そちらで補給したり、国道117号線で信濃川右岸を進んでもいいのですが、そちらは別の機会に通ろうと思っているので、今回はこのまま県道49号線、信濃川左岸を進みます。

 

ダムの先、トンネルを抜けたあたりから、コンビニや自販機がちょこちょこあるので、補給はこのあたりで済ませておくべきです。このあとしばらく何もない区間が続きます。

 

計画では、ダムカードの配布場所まで行った後、小千谷市内で昼飯を食べる予定だったのですが、計画よりも1時間ほど遅れたスタートだったので、ぼちぼち昼食をと思っていたところ、お蕎麦屋さんがあったので寄ってみました。

f:id:niigatabicycletourism:20180803014928j:plain

 (外観写真をまた撮り忘れたが、動画撮っていたのでセーフ・・・)

真人(まっと)そば まるいち さんです。

新潟の名物の1つ、つなぎに布のりをつかった「へぎそば」のお店です。

そばは高いイメージありますが、思いのほかリーズナブル。(税別価格です)

f:id:niigatabicycletourism:20180803015143j:plain

そば以外の定番メニューもいろいろあります。

f:id:niigatabicycletourism:20180803015202j:plain

ミニ天丼セット(大盛り)とあま酒(左上のカップ)を注文。

以前、県内の道の駅であま酒を飲んだことを思い出し、あま酒も注文しました。夏のエネルギー補給にも最適です。

f:id:niigatabicycletourism:20180803015118j:plain

かなり辺鄙なところにあるお店だけあって、コシのあるいいお蕎麦でした。天ぷらもおいしかったです。

 

ご飯を食べたら、もう13時近い・・・。

暑くて、もう家に帰りたくなってきた・・・。

先を急ごう・・・。

 

その1は、とりあえずここまで。

ご覧いただきありがとうございました。

ここまでのルート

Google マップ

スタートから約40km 

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村