新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが新潟で自転車を楽しむためのコース、スポットを紹介します。

Route3 長岡 ⇒ 柏崎 ⇒ 松代 ⇒ 長岡 その1

新潟自転車観光をご覧いただき、ありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

5月25日(金)に、長岡駅を出発し、柏崎、十日町市松代を通り、長岡駅に戻ってくるコースをまわってきました。

 

今回の目的は、GW中に強風で断念した柏崎に行き「鯛茶漬け」を食べること、北陸農政局発行のダムカードを回収することです。

 

 10時25分、長岡駅(大手口)をスタートです。

(9時半発の計画でしたが、家を出るのが予定より1時間ほど遅れてしまいました。)

f:id:niigatabicycletourism:20180527111058j:plain

まずは駅前の通りを西に向かい、国道8号線に出て、柏崎を目指します。

f:id:niigatabicycletourism:20180527111526j:plain

信濃川を渡るまでは、よくある地方都市の駅前通りが続き、川を渡ると郊外型の商業施設が立ち並びます。

 

f:id:niigatabicycletourism:20180527112007j:plain

8号との交差点を左折します(上越・柏崎方面)。

 

普段からロードバイクに乗るときは、車の交通量が多い国道を通らないようにしているのですが、長岡ー柏崎間は他のルートがあまりなく、どれも遠回りになってしまうので、泣く泣く8号を選択しました。

 

ロードで走ってみて気づいたのですが、国道8号線(長岡‐柏崎)は路面が自転車向きではないです。

f:id:niigatabicycletourism:20180527113657j:plain

長岡郊外に出てからの写真ですが、路面状況は大方どこも似たような感じです。

この路面に苦しめられ、スピードをなかなか上げられませんでした。(前日の自転車通勤の疲労もありましたが)

f:id:niigatabicycletourism:20180527114229j:plain

だらだらとした峠道が続きます。

 

長岡駅から15kmほど走ると、バイクショップがあるのですが、そこを過ぎると峠を越えるまで(約9km。7kmほどは登りです)はコンビニも自販機もないので、水の残量が少ない場合は補給を忘れずに。

 

峠のトンネルを超えると、急な下り坂(最大-7%ほど)が待っています。

時折脇を、大型車が通り抜けていくので注意が必要です。

f:id:niigatabicycletourism:20180527115944j:plain

(個人的には上りは好きですが、下りは怖くて苦手。トリックアートの無限階段のように、上り続けたらいつの間にかスタート地点に戻っていたら最高です。) 

 

この坂を下り切り、最初の「曽地中」という交差点を左折して、8号線とはおさらばです。

 

食堂方向から進んできて、県道73号線との交差点を左折します。このあたりからは、自販機がところどころにあるので、いつでも水分補給可能です。

 

峠を越えれば平野なので、田んぼが広がっています。(田植え済み)

f:id:niigatabicycletourism:20180527121328j:plain

 

県道73号線をしばらく進んでいるとローソンがあるので、この交差点を右に曲がり、柏崎市街に向かいます。

f:id:niigatabicycletourism:20180527121541j:plain

 

この日もまた風が強いなと思っていたら、この交差点を曲がったところの工事現場に吹き流しがありました。


5月25日 柏崎市 風 (ブログ用)

 調べてみましたが、吹き流しが水平になると、10m/sの風が吹いているそうです。

http://www.motomise.co.jp/index.php?id=6

相変わらず、風に恵まれません。春にこれほ風が強い日が多いとは、思っていませんでした。

 

 

さて、ここまで来てしまえば、お昼の鯛茶漬けはもうすぐです。

ローソンの交差点を曲がったら、またしばらく直進して、国道8号線と踏切を越えます(8号を越えると住宅街に入るので、スピードは控えめに)。すると案内標識があるので、柏崎駅方向に曲がります。

f:id:niigatabicycletourism:20180527123808j:plain

柏崎駅に到着です。(途中、写真を撮りながらだったり、強風の影響もあり、到着したのは12時15分くらいでした。)

f:id:niigatabicycletourism:20180527124117j:plain

駅前に今回のお店があります。

駅前のホテルに併設されているレストランです。自転車を地球ロックできる場所は少ないです。

 

鯛茶漬けのメニュー(柏崎の鯛茶漬けは、国際ご当地グルメグランプリ他でグランプリを獲得しています)

f:id:niigatabicycletourism:20180527124451j:plain

真鯛せいろ御膳を注文

f:id:niigatabicycletourism:20180527124908j:plain

そのまま食べてもよしですが、

f:id:niigatabicycletourism:20180527125046j:plain

茶碗にご飯を盛って、鯛茶漬けにして食べることもできます(だし汁は少なめに入れました)。

ごはんに混ぜ込んである鯛だけだと味がたんぱくですが、揚げ鯛は少し塩気があり、霜づくりはづけになっていてまた違う味わいがあり、イクラが入っていることで甘みも足されて、大変おいしかったです。

 

鯛茶漬けは柏崎市内のいくつかの店舗でも食べることができます。お店によって、具材が少々異なりますので、公式サイトをご覧ください。

www.uwatt.com

 

ここまで35kmほどですが、ひとまず今回はここまで。

Route3その1をご覧いただき、ありがとうございました。

今回のルート 

Google マップ

(↑一方通行の関係で、越後線の踏切を越えるあたりで迂回していますが、実際には直進しています。)

 

 


にほんブログ村