新潟自転車観光

自転車貧乏のアラサーが、新潟でロードバイクを楽しむためのコース・スポットを紹介します。

Route4 寺泊 ⇒ 柏崎 ⇒ 燕三条駅 その3

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

サッカーのW杯、日本・セネガル戦を見ながらRoute4その3です。

さて、その2ではガンジーコロネソフトを食べて、あとはほぼ燕三条駅に戻るのみですが、途中で堰カードを回収しに行きます。

 

本日の堰カード①「大河津(おおこうづ)可動堰&大河津洗堰」です

f:id:niigatabicycletourism:20180625002645j:plain

3枚のカードは、堰の近くの資料館で配布されています。

 

和らぎ家を出発したのは、4時少し前。国道116号線に戻り、再び新潟方面に進みます。少し、日も傾いてきました。

f:id:niigatabicycletourism:20180625004325j:plain

(個人的にはこの日で一番いい写真が撮れたと思います。一帯ほぼ水田ですが、奥の数区画に小麦が実っています。麦秋ですね。記事を書いている6月下旬は、もう大分暑さがきつくなってきました。)

 

和らぎ家から8kmほどで橋を渡ります。

f:id:niigatabicycletourism:20180625004953j:plain

川ではなく水路にかかる橋です。氾濫を繰り返していた信濃川の水量を調節するために掘られた水路です。後日、別記事でご紹介したいと思います。

この橋を渡ってから、堤防を上流に向かうときには、道順を気を付けてください。

Google マップ

 

和らぎ家から30分ほどで、資料館には到着したのですが、

f:id:niigatabicycletourism:20180625010513j:plain

 

f:id:niigatabicycletourism:20180625010553j:plain

残念ながら4時まででした・・・。スタートが予定通り1時間早ければ・・・。

(この記事トップのカードの写真は6/15にもらいにもらったものです。資料館内部や周辺の様子を記事にしました。)

信濃川大河津資料館 - 新潟自転車観光

 

この時、配布時間にリミットがあることを思い出し、次のカード配布地に急ぎます。

本日の堰カード②「蒲原大堰&中ノ口川水門」です。

f:id:niigatabicycletourism:20180625012358j:plain

配布場所は、信濃川を少し下ったところにある国交省の管理所です。

どちらから行っても道が複雑ですが、信濃川の右岸側から回り込みます。

まずは、この赤い橋を渡ります。

f:id:niigatabicycletourism:20180625013329j:plain

1つ目の信号を左。

f:id:niigatabicycletourism:20180625013818j:plain

三条方向、国道403号線を行きます。

f:id:niigatabicycletourism:20180625013936j:plain

橋を2つ渡って、また左折。

f:id:niigatabicycletourism:20180625014125j:plain

あとは、セブンイレブンが見えるまでひたすら道なり。

距離は大したことないのですが、写真を撮りながらで、時間を割かれます。

 

f:id:niigatabicycletourism:20180625015010j:plain

このセブンを左折し、水門を渡ったら管理所があります。

到着した時、5時3分ころでした。配布時間は5時まで・・・。ダメもとでチャイムを押してみたら、何とか対応していただけました。

 

なんとか、ダムカードをゲットできたので、あとは燕三条駅へ。

セブンまで戻り、三条方面に向かいます。

f:id:niigatabicycletourism:20180625020130j:plain

しばらく進むと国道8号線につきあたるので左折。

f:id:niigatabicycletourism:20180625020235j:plain

橋をわたり、2km弱進んだら左折です。(案内標識あります)

 

5時20分ころ、到着。

 

f:id:niigatabicycletourism:20180625020529j:plain

経過時間 約6時間30分

移動時間 約3時間50分

移動距離 105km

獲得標高 372m

総消費カロリー 2203kcal

 

Route4もご覧いただきありがとうございました。

サッカーの方は、とりあえず引き分けましたね。第3戦に期待です。

 

今回のルート

Google マップ

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

Route4 寺泊 ⇒ 柏崎 ⇒ 燕三条駅 その2

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

Route4の続きです。

コースの後半の目的は、ダムカードと、ガンジー牛のミルクで作ったソフトクリームをコロネにのせた「ガンジーコロネソフト」です。

 

昼ごはんを食べた市場食堂から、まずはダムを目指します。

本日のダムカード①「後谷ダム」です。

f:id:niigatabicycletourism:20180612222437j:plain

このダムカードは、Route3で回った市野新田ダム・栃ケ原ダムと同じく、北陸農政局が作成しているカードです。

Route3 長岡 ⇒ 柏崎 ⇒ 松代 ⇒ 長岡 その2 - 新潟自転車観光

配布場所は、ダムの近くの「ゆうぎ」という自然体験施設(キャンプ場)です。

すぐ近くにダムがありますが、写真が無くてもカードはもらえます。(管理棟の方は立ち入り禁止です)

 

市場食堂に来た道を小学校のところまで戻り、県道522号線(「扇町」)を右折。国道8号線に出ます。

自転車屋」が見えたら信号を左折。8号です。

f:id:niigatabicycletourism:20180615103009j:plain

柏崎の街中の路面は、長岡から柏崎に出る峠道より全然よいです。

4kmほど8号を走っていると、国道116号線と8号の分岐点に差し掛かります。116号(新潟方面)に進みます。

f:id:niigatabicycletourism:20180615105634j:plain

左側を走っているので、直進していれば、自然に新潟方面行けます。

116号に出ると、片側2車線で道幅は広くなります。普段から交通量はさほど多くありませんが、飛ばしている車もいるので、そのあたりはご注意を。

f:id:niigatabicycletourism:20180615105331j:plain

郊外ですが、なんやかんや道沿いにあるので、景色はあまりよくないです。

 

116号に入ってから、20分(7km)ほど走っていると2車線が1車線になり、セブンイレブンが見えてきます。

f:id:niigatabicycletourism:20180615111001j:plain

ここからもうしばらく進んで、

f:id:niigatabicycletourism:20180615111154j:plain

石地海岸方面に曲がります。あとは直進。

 ちょっとした丘を越えれば、到着です。市場食堂から1時間ほどでした。

f:id:niigatabicycletourism:20180615171737j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20180615171904j:plain

いらっしゃいました。奥の管理棟兼売店でカードはもらえます。

 

キャンプエリアの様子 平日の午後3時くらいで誰もいません

f:id:niigatabicycletourism:20180615172055j:plain

 オートキャンプもできるようです。

 

道具は何もないので、ダムカードをもらったら、ボトル補給してそそくさと退散です。

116号方面に戻りしな、証拠写真をパシャリ。(繰り返しますが、立ち入り禁止です)

f:id:niigatabicycletourism:20180615172850j:plain

 

次の目的地は、道の駅「良寛の里わしま」近くの「和らぎ家」です。ガンジーソフトを食べに行きます。

 

ルートとしては、116号に復帰して新潟方面に進んでもいいのですが、それと並行した脇道にそれることにしました。

 灰爪の交差点を左折し、県道574号線を北上します。

 

越後線と並行して走る道。116と違って車はほとんど通らず、気楽に走っていられます

f:id:niigatabicycletourism:20180615173930j:plain

 

出雲崎駅の駅を過ぎたら、116号に復帰します。

f:id:niigatabicycletourism:20180615174741j:plain

 跨線橋(116)と574号線が交差するところ、地図で見ると116の脇に道がありませんが、

 衛星写真で見ると116の左側にも道があるのがわかります。こちらからも116に出られます。

 116に復帰したら、またしばらく直進。

 

f:id:niigatabicycletourism:20180615180047j:plain

田んぼが広がります。

 

f:id:niigatabicycletourism:20180615180316j:plain

 案内標識が見えたら右折して、少し進んだところに、和らぎ家さんがあります。

 

到着です。ダムから1時間弱。

f:id:niigatabicycletourism:20180615180448j:plain

バイクスタンドもあります。

f:id:niigatabicycletourism:20180615180521j:plain

 

お店の入り口にも看板が出ていましたが、早速お目当てのガンジーコロネソフトを注文。

はい、ドーン。「ガンジーコロネソフト」500円。

f:id:niigatabicycletourism:20180615181739j:plain

注文してからコロネパンをカリカリに焼くので、出てくるまで少し時間がかかります。

お味はというと、ソフトクリームはとてもスッキリしていました。疲れた体にスーッとしみこむような感じ。コロネパンは米粉を使っていることもあり、見た目以上にカリカリ、サクサク(食べると崩れ落ちてしますのが少し難点かな)。コーンではなくコロネパンなので、ソフトクリームを食べているというより、ミルクフランスを食べているような感覚に近いと思います。

一度お試しあれ。

 

長年、食べようと思っていて食べられなかったガンジーコロネソフトを食べたところで、その3に続く。

スタートから約64km

 

Route4 その2をご覧いただきありがとうございました。

 

今回のルート

Google マップ

 

 


にほんブログ村

 

 

 

Route4 寺泊 ⇒ 柏崎 ⇒ 燕三条駅 その1

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

6月1日(金)に、強風のため断念したRoute1の続きをまわってみました。

Route1 燕三条 ⇒ 新潟市西蒲区 ⇒ 寺泊 - 新潟自転車観光

10時50分、寺泊の魚の市場通りを出発です。

まずは、海岸の国道402号線を南下し、「石地わさび園」を目指します。

(この日もまた、予定より1時間遅れの出発です。これが終盤の計画に響いてしまうことに・・・)

f:id:niigatabicycletourism:20180607224708j:plain

この日は気温も風も穏やかで、最高のサイクリング日和でした。

 

市場通りから1kmほどのところに、佐渡汽船の乗り場があります。

f:id:niigatabicycletourism:20180607230734j:plain

本数が少なく、運航していない日や期間も多いですが、寺泊発の船は、赤泊(あかどまり)港に到着します。

県外から来て佐渡にだけ行くならば、新潟港から渡るのが一番勝手がいいかと思いますが、佐渡に遊びに行く際には、選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

 

さて、寺泊は小さな町ですので、すぐに民家は少なくなってきます。

f:id:niigatabicycletourism:20180607231955j:plain

(今にも雨が降りそうな写真ですが、少し雲が厚いだけで、天候は快適でした。)

 

丁度、この写真を撮っているとき、競輪選手が脇をすり抜けていったので、追いかけることにしました。(信号が少ないので、チャリダーに人気のコースでもあります。)

30km/hほどのペースで、ついていくのが楽しすぎて、途中ほとんど写真を撮っていません。

 

そうこうしている間に、わさび園の近くまでやってきました。

f:id:niigatabicycletourism:20180607233352j:plain

曇り予報を信じて、日焼け対策のアンダーシャツを着てこなかったのですが、見事に晴れました。景色は良くなりましたね。

f:id:niigatabicycletourism:20180607233550j:plain

 

スタートから22kmほど(50分弱)でわさび園到着。

屋根に「ワサビ」と書かれた建物です。

f:id:niigatabicycletourism:20180607233831j:plain

この日、supersixは富士ヒル用にメンテしている途中だったので、TREK Madone3.1(現在通勤用)で出動。

 

お目当ては、前から気になっていた「わさびソフト」(350円)です。

f:id:niigatabicycletourism:20180607234551j:plain

 写真の通り、淡い緑色で見た目のわさび感はさほど強くありません。

実際に食べてみても、わさびの辛さはほとんどありません。全部食べ終わるころに、少し舌がぴりっとする程度です。少し、鼻に抜けるわさびの香りはありました。

辛いものが苦手な方は(私も苦手な方ですが)、バニラとのミックスもあったので、試しに食べてみてはいかがでしょうか。

 

☆石地わさび園 お得情報☆(2018年6月1日現在)

JAFカード提示で、わさびソフト100円引きだそうです。お持ちの方は、お忘れなく!

 

わさび園ですので、わさびそのものも売ってます。

f:id:niigatabicycletourism:20180607235711j:plain

 

糖分を補給して、今度はお昼ご飯を食べに行きます。前回、柏崎を訪れた際には「鯛茶漬け」を食べたので、今回は海鮮丼を食べに行くことにしました。

Route3 長岡 ⇒ 柏崎 ⇒ 松代 ⇒ 長岡 その1 - 新潟自転車観光

 柏崎の生鮮食品卸売市場にある「市場食堂」を目指します。

海岸線を走っているので、ひとまず柏崎中央海水浴場に行き、そこから街中に入ることにします。

 

国道352号線を柏崎方面へ。トンネルを2つ越え、柏崎刈羽原発の脇を通ると柏崎のはずれまでやってきます。そして、この交差点を右折し「柏崎アクアパーク」方面に曲がります。

f:id:niigatabicycletourism:20180611114351j:plain

この交差点から2kmほどで「柏崎アクアパーク」です。

f:id:niigatabicycletourism:20180611115054j:plain

 

 アクアパーク前の交差点。案内標識にはありませんが、ここを右折すると海水浴場です。

f:id:niigatabicycletourism:20180611115452j:plain

せっかくなので記念撮影。

 

写真を1枚撮ったら、柏崎駅方面に進み、スクランブル交差点を左折します。

f:id:niigatabicycletourism:20180611120136j:plain

ここから、道がわかりづらくなりますが、線路(JR越後線)を越えて、

f:id:niigatabicycletourism:20180611120456j:plain

 

この時計店さんを右折します。

この交差点さえ間違えなければ、あとはまっすぐ。

途中、小学校があり、跨線橋の下を通り、線路(JR信越本線)を越えると

f:id:niigatabicycletourism:20180611120907j:plain

歯科医院があります。この交差点を右折すると、f:id:niigatabicycletourism:20180611121517j:plain

市場食堂の裏側が見えます。

駐車場に入ると、

f:id:niigatabicycletourism:20180611121727j:plain

正面です。到着。(わさび園から、少し道に迷いながら50分ほど)

お店に入ると券売機があるので、そこでお支払い。いろいろメニューはありますが、今回は海鮮丼を注文。(寿司や丼ものだけでなく、フライ・煮魚・焼き魚もあります。)f:id:niigatabicycletourism:20180611122139j:plain

海鮮丼1200円

f:id:niigatabicycletourism:20180611122525j:plain

f:id:niigatabicycletourism:20180611123234j:plain

卵焼きも含め13種類のネタがのっていました。白身は見分けがつかないものもありましたが、マグロ、サーモン、タコ、ブリ、甘えび、サバ、いくら、鯛などでした。

(ちょっとご飯は多めかなと感じました。チャリダーにとってはいいですが)

 

☆市場食堂 お得情報☆(2018年6月1日現在)

カウンターの上に60~70ほどの漢字が書かれた額が飾ってあります。そのわきには全ての漢字が読めたらお代はタダとありました。漢字が得意な方は、訪れた際にはチャレンジしてみたらいかがでしょうか?(写真は撮りませんでしたので、どんな漢字が並んでいるかは行ってからのお楽しみです)

 

大満足なお昼ご飯を食べたところで、今回はここまで。

スタートから約22km

 

Route4その1をご覧いただきありがとうございました。

(2018年6月10日にアクセス数が100に達しました。ありがとうございます!)

 

今回のルート

Google マップ

(わさび園は国道352号線沿いから入れます)

 

 


にほんブログ村

 

 

Route3 長岡駅 ⇒ 柏崎 ⇒ 松代 ⇒ 長岡駅 その4

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

その4です。ようやく長岡駅に戻れます。

その前に、夕食を食べるため、ラーメン屋に寄ります。

宮内にある「青島食堂」です。

 宮内駅前にも店舗がありますが、幼いころからこの店舗に行っているので、今回もこちらに寄ります。

 

18時、スーパーで補給を済ませ、国道404号線を長岡方面にひた走ります。

信越本線の塚山駅を過ぎたらY字路を右折し、信越本線沿いの道へ進みました。

f:id:niigatabicycletourism:20180602222512j:plain

手前には、この案内標識があります。「片貝」方面に曲がりました。

f:id:niigatabicycletourism:20180602222427j:plain

あとで調べてみたら、このまま404号線を直進してもしなくても、さほど距離は変わりませんでした。リサーチ不足・・・

 

日もだいぶ暮れてきました。

f:id:niigatabicycletourism:20180602223839j:plain

 

信越本線の来迎寺(らいこうじ)駅の前の県道23号線を通り、信濃川を渡ります。

f:id:niigatabicycletourism:20180602230045j:plain

そのまま直進し、線路を越え、高架下を通り、県道370線を宮内方面へ。

f:id:niigatabicycletourism:20180602230200j:plain

 

ここから宮内駅前まで直進、駅前を右折するとf:id:niigatabicycletourism:20180602230746j:plain

到着です。

 

19時過ぎには何とか夕飯にありつけました。

f:id:niigatabicycletourism:20180602231347j:plain

チャーシューメンを注文。(って、ラーメンかチャーシューメンしかないのですが・・・)

青島食堂は、新潟の中でも長岡系と言われる生姜醤油ラーメンの有名店です。県内で知らない者はいないくらいの超有名店。

長岡でなくても、新潟市や東京の秋葉原にも店舗があるので、そちらへもどうぞ。

 秋葉原店は一時期休業していたようですが、2016年には再開して、今もやっているようなので、東京周辺にお住まいの方は、ぜひ一度お試しあれ。

 

さて、ご褒美ラーメンを食べ、あとは長岡駅に戻るのみ。

ほっともっとやガストが立ち並ぶ道を北上すれば長岡駅(東口)に着きます。

途中、「帝京長岡高校」の前の交差点は左折です。

 

 

20時、長岡駅到着。f:id:niigatabicycletourism:20180602233744j:plain

経過時間 約9時間30分 

移動時間 約6時間

走行距離 約128km

獲得標高 1170m

最高標高 301m

消費カロリー 2588kcal

 

日帰りされる方。駅近には、恐らく銭湯がありません。こちらの銭湯ならば、少し離れますが、自転車ならばそれほど時間はかかりません。

スーパー銭湯 ゆらいやの場所

アクセス | 越後長岡ゆらいや 華の湯

 

Route3 その4をご覧いただき、ありがとうございました。

 

今回のルート

Google マップ

 


にほんブログ村

 

 

 

 

Route3 長岡駅 ⇒ 柏崎 ⇒ 松代 ⇒ 長岡駅 その3

新潟自転車観光をご覧いただきありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

Route3 その3です。

山の家さんでゆっくりしていたら、16時。出発しないと、ダムカードもらえなくなるかもしれません、先を急ぎます。

急いでいて、私は補給を忘れましたが、国道253号線に出れば、コンビニがあるので、手持ちの補給食がない場合は、松代で買い足した方がよいです。しばらくコンビニがありません。

 

次の目的地は、鯖石川ダムです。

本日のダムカード②です。

f:id:niigatabicycletourism:20180601222915j:plain

来た道を戻ります。

 

県道12号線を20分くらい進むとダムです。

f:id:niigatabicycletourism:20180601223057j:plain

管理事務所は堤体を渡った向こう側です。

 

鯖石川ダムプチ情報

ダムのトイレの割にはきれいなので、トイレ休憩はぜひこちらで。

 

さて、カードをもらったら、次に行きます。

本日のダムカード③ 栃ケ原ダム

f:id:niigatabicycletourism:20180601224406j:plain

このカードは、じょんのび村というところで配布しています。

(「じょんのび」とは新潟の方言で、ゆっくりくつろぐ様子のことを言います)

途中にダムがありますが、実際に行って写真撮らなくても、このカードはもらえるので、時間短縮のために今回はスルー。

鯖石川ダムをスタートして県道12号線を15~20分ほど進むと、看板があります。

f:id:niigatabicycletourism:20180601225149j:plain

右折です。ちょっと坂を上っていくと、

f:id:niigatabicycletourism:20180601225321j:plain

到着です。

この周辺(柏崎市高柳町)には、茅葺屋根の民家に宿泊できるところもあります。

集落 荻ノ島|じょんのび高柳に「泊まる」|高柳町観光協会のホームページ|新潟県柏崎市高柳町

 

これでひとまず今日の目的は達成です。あとは、長岡駅に帰るだけ。

県道12号線をまた柏崎方面に進みます。

集落をすぎると、国道252線にぶつかります。これも左折し、柏崎方面へ。

しばらく鯖石川を下流に進みます。

そして、県道25号線に進路変更します。

写真はピンボケしていますが、郵便局があるので、この交差点を右折します。

「小国」方面です。(長岡市小国。旧小国町)

f:id:niigatabicycletourism:20180601231154j:plain

この手前に、あまり目立たない簡易郵便局がありますが、そちらではありませんので、ご注意を。

 

県道25号線に入ると、3kmほど上りです。道は細いです。たまに車通ります。

f:id:niigatabicycletourism:20180601231645j:plain

この峠を越えると、長岡市に入ります。まだ駅は30km以上先ですが・・・。

 

下りも、しばらく細い道が続きますが、

f:id:niigatabicycletourism:20180601232336j:plain

そのうちに、道が広くなってきます。田園風景が広がります。

f:id:niigatabicycletourism:20180601232453j:plain

 

松代で補給を摂らずに進んできた(約30km、1時間40分ほど)ので、ここいらで何か食べようと店を探します。

とりあえず、左折しようと思っていた交差点(相野原)に、久しぶりの自販機を見つけたので、甘いコーヒーで糖分補給。

 

f:id:niigatabicycletourism:20180601233824j:plain

外からちらっと見えた限りでは、手作りパンを売っていたようです。

 

交差点を曲がり国道404号線を少し進むと、スーパーがありました。

山の駅と看板が出ていますが、この地域のスーパーのようです。

エナジージェル系もおにぎりやパンもあったので、補給所としては優秀です。

f:id:niigatabicycletourism:20180601234115j:plain

今回通ったルートでは、松代から「マルタストア」もしくは「もったいない村」まで、食べ物が買えるような場所はありません。自販機もあまりないので、「じょんのび村」で余裕をもって買っておいた方がよいかもしれません。

 

このスーパーを出るころは、すでに18時。

 

ここからルートがやや細かくなるので、ここで記事を一旦切ります。

 

Route3その3をご覧いただき、ありがとうございました。

その4では、夕食にラーメンを食べて、長岡駅(東口)に到着します。

 

長岡駅からここまで約102km

今回のルート

Google マップ

 


にほんブログ村

 

 

 

Route3 長岡駅 ⇒ 柏崎 ⇒ 松代 ⇒ 長岡駅 その2

新潟自転車観光をご覧いただき、ありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

Route3のつづきです。

レストラン日本海さんで真鯛せいろ御膳をいただき、13時ころに柏崎駅前をスタートです。

f:id:niigatabicycletourism:20180527124117j:plain

駅前に自販機はいくつもありますが、ごみ箱がそばにないものが多いです。駅に向かって、右側のトイレ近くの自販機はごみ箱完備です。

 

この後は、ダムカードを3枚回収しに行きます。

本日のダムカード①「市野新田ダム(工事中)」です。

f:id:niigatabicycletourism:20180529223451j:plain

こちらのカードは柏崎市の「綾子舞(あやこまい)会館」で配布されています。

柏崎駅からは15kmほどです。

ナビに案内してもらいながら、遠回りで柏崎駅から、国道353号線に出てもいいですが、自転車なら駅を背にして左の一方通行になっている細道を通れます。突き当りのT字路を左折する(アンダーパスがあるので歩行者と自転車はここで線路を越えられます)と、迂回せずに353号に出られます。

Google マップ

(↑徒歩でルートを示してあります)

353号に出てしまえば、あとはひたすら直進です。

駅から10kmほどは、ほぼ平坦。

f:id:niigatabicycletourism:20180529225351j:plain

(左右には田んぼが広がり、奥にはこれから登っていく山がそびえる・・・。)

 

駅から10kmを越えると、少し斜度のきつい坂も出てきます。

 

坂をちらほら上るうちに、案内標識(写真では文字が見えずらいですが)や看板が出てくるので、迷いはしません。

f:id:niigatabicycletourism:20180529234624j:plain

到着です。ダムカードは、会館の受付でもらえます。

f:id:niigatabicycletourism:20180529230620j:plain

訪れるまでは「綾子舞?」という感じだったのですが、国の重要無形文化財に指定されている、民俗芸能のことだそうです。

f:id:niigatabicycletourism:20180529233038j:plain

許可をもらい、衣装を撮影させていただきましたが、残念なことに暗い・・・

女性の踊りだけでなく、男性の踊りと、お囃子をひっくるめて「綾子舞」というそうで、踊りだけでなく狂言の演目も織り込まれているそうです。

中世の踊りや、出雲の阿国が創始した歌舞伎踊りの要素などが今に伝わる貴重な民族芸能とのこと。

江戸時代には、柏崎から江戸まで綾子舞の興行に出かけたそうです。

昔の人に比べたら自転車で100kmくらい走ってもどうってことないですね。

柏崎市が公式動画をYouTubeにアップしていました。よろしければご覧ください。20分ほどあります。


柏崎市 山に舞う-綾子舞への誘い-

 

せっかくなので、ダムの工事を覗いてきました。

f:id:niigatabicycletourism:20180529235755j:plain

(完成後はここに水がたまることになります)

 

さて、次のダムは鯖石川ダムなのですが、せっかく山の方まで来たので、松代(まつだい)まで行って、そこで少し休憩することにします。

以前から気になっていた「山の家」さんを目指します。

 綾子舞会館⇒山の家は約20kmあり、間の集落には自販機が見当たらなかったので、会館周辺の自販機で給水しておいた方がよいです。(上りっぱなしではなく、上ったり下ったりです。最低でもボトル1本は満タンにしておいた方がよいでしょう。)

 

写真のようにきれいに舗装されている道もありましたが、山奥の細い道なので、凹凸が激しい路面も多々あります。

f:id:niigatabicycletourism:20180530121515j:plain

当初の予定では、国道353号線、県道426号線を通って、松代の街中に出る予定だったのですが、スマホナビのルート設定を間違えて、県道275号線に出てしまったので、気づいたら鯖石川ダムの前でした。(ストリートビューを見ると、松代に行くなら275号を通った方が、アップダウンが激しくなくて楽だと思います。)

 

このまま、ダムカードもらって長岡方面に行ってもよかったのですが、意地でも松代に行きます。県道12号線を南下します。(鯖石川ダム周辺地図)

 

 「松代まで行ったら、この道戻るのか」と思いながら、えっちらおっちら坂を上っていると、

f:id:niigatabicycletourism:20180530123430j:plain

ハンドルにつけていたスマホのマウントが破断しました・・・。(写真は家で撮影)

おそらく、増設したマウントにスマホのマウントをつけていたので、荷重オーバーに加えて、ここまでの度重なる振動に耐えられなかったのだと思われます・・・。

サイコンとスマホをハンドルにどうやって取り付けるか再考しなければいけません。

(この後スマホをウェアのポケットにしまうことになりました。ここからはナビは使わず、写真を撮るときにはいちいちポケットから出さなければならなかったので、ペースが少し落ちます。)

 

ハプニングもありましたが、スタートして50分ほどで、「山の家」さんに到着です。(15時半くらいでした)

f:id:niigatabicycletourism:20180530124413j:plain

新潟の山奥とは思えない、おしゃれな店内。

f:id:niigatabicycletourism:20180530124602j:plain

前から、辺鄙なところでカフェをやってるわいと思っていましたが、カフェのオーナーさんは東京の方で金土日しかオープンしていないそうです。しかも訪れた日はお店の都合で提供できるのは、飲み物のみとのこと。せっかくなので、補給もかねてスイーツを食べたかった。

 

とりあえず、カフェオレを注文。カフェイン補給。

f:id:niigatabicycletourism:20180530125346j:plain

(薄いグラスで、かき混ぜると風鈴ののようないい音がします。これから暑くなると、音でも疲れた体を癒してくれそうです。)

平日の15時過ぎということで、客は私しかおらず、偶然私も店員さんも、3月まで南魚沼市に住んでいたので、南魚沼トークで盛り上がってしまいました。

 

なかなか、旅は進みませんが、その2はここまで。

ご覧いただきましてありがとうございました。

長岡駅から、約70km。

 

今回のルート

Google マップ

 

 


にほんブログ村

 

 

 

Route3 長岡駅 ⇒ 柏崎 ⇒ 松代 ⇒ 長岡駅 その1

新潟自転車観光をご覧いただき、ありがとうございます。

アラサー自転車貧乏のプッチンチャップリンです。

 

5月25日(金)に、長岡駅を出発し、柏崎、十日町市松代を通り、長岡駅に戻ってくるコースをまわってきました。

今回の目的は、GW中に強風で断念した柏崎に行き「鯛茶漬け」を食べること、北陸農政局発行のダムカードを回収することです。

 

 10時25分、長岡駅(大手口)をスタートです。

(9時半発の計画でしたが、家を出るのが予定より1時間ほど遅れてしまいました。)

毎年8月2・3日に行われる長岡花火のモニュメント前でパチリ。

f:id:niigatabicycletourism:20180527111058j:plain

まずは駅前の通りを西に向かい、国道8号線に出て、柏崎を目指します。

f:id:niigatabicycletourism:20180527111526j:plain

信濃川を渡るまでは、よくある地方都市の駅前通りが続き、川を渡ると郊外型の商業施設が立ち並びます。

 

f:id:niigatabicycletourism:20180527112007j:plain

8号との交差点を左折します(上越・柏崎方面)。

 

普段からロードバイクに乗るときは、車の交通量が多い国道を通らないようにしているのですが、長岡ー柏崎間は他のルートがあまりなく、どれも遠回りになってしまうので、泣く泣く8号を選択しました。

 

ロードで走ってみて気づいたのですが、国道8号線(長岡‐柏崎)は路面が自転車向きではないです。

f:id:niigatabicycletourism:20180527113657j:plain

長岡郊外に出てからの写真ですが、路面状況は大方どこも似たような感じです。

この路面に苦しめられ、スピードをなかなか上げられませんでした。(前日の自転車通勤の疲労もありましたが)

f:id:niigatabicycletourism:20180527114229j:plain

だらだらとした峠道が続きます。

 

長岡駅から15kmほど走ると、バイクショップがあるのですが、そこを過ぎると峠を越えるまで(約9km。7kmほどは登りです)はコンビニも自販機もないので、水の残量が少ない場合は補給を忘れずに。

 

峠のトンネルを超えると、急な下り坂(最大-7%ほど)が待っています。

時折脇を、大型車が通り抜けていくので注意が必要です。

f:id:niigatabicycletourism:20180527115944j:plain

(個人的には上りは好きですが、下りは怖くて苦手。トリックアートの無限階段のように、上り続けたらいつの間にかスタート地点に戻っていたら最高です。) 

 

この坂を下り切り、最初の「曽地中」という交差点を左折して、8号線とはおさらばです。

 

食堂方向から進んできて、県道73号線との交差点を左折します。このあたりからは、自販機がところどころにあるので、いつでも水分補給可能です。

 

峠を越えれば平野なので、田んぼが広がっています。(田植え済み)

f:id:niigatabicycletourism:20180527121328j:plain

 

県道73号線をしばらく進んでいるとローソンがあるので、この交差点を右に曲がり、柏崎市街に向かいます。

f:id:niigatabicycletourism:20180527121541j:plain

 

この日もまた風が強いなと思っていたら、この交差点を曲がったところの工事現場に吹き流しがありました。


5月25日 柏崎市 風 (ブログ用)

 調べてみましたが、吹き流しが水平になると、10m/sの風が吹いているそうです。

http://www.motomise.co.jp/index.php?id=6

相変わらず、風に恵まれません。春にこれほ風が強い日が多いとは、思っていませんでした。

 

 

さて、ここまで来てしまえば、お昼の鯛茶漬けはもうすぐです。

ローソンの交差点を曲がったら、またしばらく直進して、国道8号線と踏切を越えます(8号を越えると住宅街に入るので、スピードは控えめに)。すると案内標識があるので、柏崎駅方向に曲がります。

f:id:niigatabicycletourism:20180527123808j:plain

柏崎駅に到着です。(途中、写真を撮りながらだったり、強風の影響もあり、到着したのは12時15分くらいでした。)

f:id:niigatabicycletourism:20180527124117j:plain

駅前に今回のお店があります。

駅前のホテルに併設されているレストランです。自転車を地球ロックできる場所は少ないです。

 

鯛茶漬けのメニュー(柏崎の鯛茶漬けは、国際ご当地グルメグランプリ他でグランプリを獲得しています)

f:id:niigatabicycletourism:20180527124451j:plain

真鯛せいろ御膳を注文

f:id:niigatabicycletourism:20180527124908j:plain

そのまま食べてもよしですが、

f:id:niigatabicycletourism:20180527125046j:plain

茶碗にご飯を盛って、鯛茶漬けにして食べることもできます(だし汁は少なめに入れました)。

ごはんに混ぜ込んである鯛だけだと味がたんぱくですが、揚げ鯛は少し塩気があり、霜づくりはづけになっていてまた違う味わいがあり、イクラが入っていることで甘みも足されて、大変おいしかったです。

 

鯛茶漬けは柏崎市内のいくつかの店舗でも食べることができます。お店によって、具材が少々異なりますので、公式サイトをご覧ください。

www.uwatt.com

 

ここまで35kmほどですが、ひとまず今回はここまで。

Route3その1をご覧いただき、ありがとうございました。

今回のルート 

Google マップ

(↑一方通行の関係で、越後線の踏切を越えるあたりで迂回していますが、実際には直進しています。)

 

 


にほんブログ村